ドラマ

天国と地獄歩道橋の彼女の正体!手紙が意味するものとは?

天国と地獄歩道橋の彼女の正体!手紙が意味するものとは何か

現在放送中のドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』、高橋一生さん演じる連続殺人犯・日高陽斗と綾瀬はるかさん演じる刑事・望月彩子の入れ替わりも第5話の放送で日高は犯人ではない可能性が濃厚となりました。

代わりに犯人候補として浮上したのが日高が今でも大事に取っている手紙の差出人と思われる「歩道橋の彼女」です。

今回は歩道橋の彼女とは一体何なのか、手紙が意味するものとは何かについてお話しします

天国と地獄を見るならParaviがおすすめ!

今なら2週間お試し無料!

詳細はこちら

スポンサーリンク

天国と地獄歩道橋の彼女についてTwitterの反応

歩道橋の彼女は第5話で新たに出てきたキーワードだっただけに様々な予測がされていました。

天国と地獄を見るならParaviがおすすめ!

今なら2週間お試し無料!

詳細はこちら

天国と地獄歩道橋の彼女とは?

まず歩道橋の彼女とは何なのか説明します。

歩道橋の彼女とは第5話で浮上した、日高が犯人ではない根拠となり得る人物のことです。

第5話で望月の同居人・陸が日高(外見は望月)のロッカーを開けた陸は「日高はると様」と書かれた日高宛の手紙を見つけますが、その内容こそ「明日3時、学校のそばの歩道橋で待っています」というものでした。

手紙の内容を知った望月(外見は日高)は日高に電話して連続殺人犯は日高ではなく「歩道橋の彼女」で、日高は殺人犯ではないのだから無実を証明するべきだと提案しました。

この提案の背景には日高が殺人犯と疑われていることでコ・アース社の社員たちにも迷惑が掛かっていることを解決したい他、コ・アース社の社員や日高の妹・優菜が日高に信頼を寄せていることからも本当に日高が殺人をするとは思えないという理由がありました。

天国と地獄を見るならParaviがおすすめ!

今なら2週間お試し無料!

詳細はこちら

天国と地獄歩道橋の彼女は戸田一希?

日高が連続殺人犯ではなく歩道橋の彼女こそが真犯人だとするなら、気になるのはやはり歩道橋の彼女とは誰なのかですよね。

第5話では現場から外された河原(北村一輝)が連続殺人の最初の事件・一ノ瀬殺害事件の目撃者・戸田一希による証言が虚偽のものではないかと疑っていますが、5話時点ではこの戸田一希こそが歩道橋の彼女の候補として怪しいです。

名前の印象では男性のように思えましたが、戸田一希の証言について疑っている河原が「一ノ瀬殺害事件について尋ねたい」と警察手帳を見せたシーンでは戸田一希は女性だと判明したのでその可能性はあり得るでしょう。

ただし、もしかしたら他の女性が歩道橋の彼女という可能性もあるので、戸田一希は今後どのように事件に関わってくるのか、歩道橋の彼女の候補がまだ出てくるのか要注目です。

天国と地獄を見るならParaviがおすすめ!

今なら2週間お試し無料!

詳細はこちら

天国と地獄歩道橋の彼女の手紙が意味するものは?

「明日3時、学校のそばの歩道橋で待っています」という日高宛の手紙ですが、はると様とひらがな混じりで書かれていることや、「学校のそば」という言葉から小学生の頃に日高が受け取ったラブレターのように思えますね。

そのままの意味で受け取ったらラブレターなのでしょうが、気にかかるのは日高と望月が入れ替わったのも歩道橋というポイントです。

手紙を渡された日の日高に何が起こったのかまだわかりませんが、もしかしたら日高と歩道橋の彼女は既に入れ替わっている可能性が出てきました。

また、望月が「歩道橋の彼女が犯人でなければあんな手紙隠す必要がない」と言っているように、日高は今も大事に手紙を持っていることにも何か意味があることがわかります。

天国と地獄歩道橋の彼女と日高が入れ替わっていた場合

歩道橋の彼女と日高が既に入れ替わっていた場合の、仮定の話です。

もし歩道橋の彼女と日高が入れ替わっていた場合、次のようになるはずです。

日高と歩道橋の彼女が入れ替わっていた場合

  1. 日高・歩道橋の彼女の間で先に入れ替わりが起きる
  2. 日高・望月間で入れ替わった際、望月に移ったと思っていた魂は日高ではなく歩道橋の彼女の魂ということになる
  3. 従って歩道橋の彼女に入っている魂こそ日高の魂

日高の魂が入ったと思っていた望月ですが、中の魂は日高ではなく別の女性の魂と考えたら納得できる部分もあります。

望月に入っている魂はが女性のものだと納得できるポイント

  • 化粧が上手く、九十九を逮捕するシーンでも素早くドレス姿に着替えるのも慣れているようだった
  • 望月の体をスポーツカーに例える(中身が女性だったからこそ賞賛の評価?)
  • 同居人の陸を押し倒して体の関係を持った(日高が男色の気があった可能性もゼロではないですが…)

こう考えると日高の言動は時に女性らしいものを感じることがあります。

しかし、そうすると次の点で疑問が残ります。

日高と歩道橋の彼女が入れ替わったと仮定した場合の疑問点

  • 第4話で日高と望月が2人の関係性を疑う河原の目を逃れて密会した際に、「そうか。だからあなたと入れ替わったんですよ」と意味深な発言(これが歩道橋の彼女の魂の言葉と考えられるものか?)
  • 小学生が意図的に入れ替わりをしたとは考えにくいので意図せず入れ替わったと考えるべきでしょうが、そうすると戻る方法がわからず長い間歩道橋の彼女は日高として生きて、日高は歩道橋の彼女として生きていた可能性が高まる

第5話時点では歩道橋というキーワードと一緒に出てきた女性ということもあって注目が集まりましたが、こうして考えてみると謎がつきませんね…

天国と地獄を見るならParaviがおすすめ!

今なら2週間お試し無料!

詳細はこちら

天国と地獄歩道橋の彼女まとめ

内容をまとめると次のようになります。

  • 歩道橋の彼女は日高宛の手紙の差出人で、日高の他に真犯人がいるとした場合の有力候補
  • 歩道橋の彼女は戸田一希の可能性がある
  • 日高宛の手紙の内容が判明したことで歩道橋の彼女と日高の間に過去入れ替わりが起きていた可能性が示唆されたが、疑問が残る

歩道橋の彼女と日高が意図せず入れ替わったとしてもどうして入れ替わりが起きたのかもわかりませんし、なぜ戸田一希は一ノ瀬殺害事件で虚偽の証言をしたのかもわかっていないので大事なピースが揃ってない感じが否めません。

なかなか納得いく予測が立てられずモヤモヤするものはありますが、今後どうなっていくのかが楽しみですね!

関連記事はこちら

天国と地獄を見るならParaviがおすすめ!

今なら2週間お試し無料!

詳細はこちら

 

スポンサーリンク