ドラマ

珈琲いかがでしょう!面白い3つの理由とは?

珈琲いかがでしょう!面白い3つの理由とは?

中村倫也主演の新ドラマ『珈琲いかがでしょう』の放送がつにいに4月5日をもってはじまりました。

原作は凪のお暇の作者・コナリミサトさんということでも面白さに期待出来る本作ですが、1話目がはじまってみると、中村倫也さんの演技がとても似合っているドラマに仕上がっています。

そこでこの記事では珈琲いかがでしょうが面白い理由について調べてみました!

珈琲いかがでしょうを見るならParavi♪

今なら2週間お試し無料!期間内解約で完全無料!

詳細はこちら

スポンサーリンク

珈琲いかがでしょうTwitterの反応

珈琲いかがでしょうは原作とは異なる部分もありますが、それを置いても面白いと評判のようです。

一体何が面白いのか、その理由を調べてみました!

珈琲いかがでしょうを見るならParaviがおすすめ!

今なら2週間お試し無料!

詳細はこちら

珈琲いかがでしょうが面白い3つの理由

原作と違う部分があるものの、面白いと評判の珈琲いかがでしょう。

なぜ面白いのか、その理由を3つにまとめましたのでご紹介します。

珈琲いかがでしょうが面白い理由①原作の雰囲気をうまく出している

珈琲いかがでしょうは原作漫画も面白いと評判で、ドラマ化にあたっても結構原作に忠実に制作されているようです。

漫画の雰囲気を壊さずうまく出していることで原作の面白さも保ちつつ、ドラマの演出など加味してうまく仕上がっている印象を受けます。

しかしほのぼの系かと思いきや、青山の過去を知る謎の男・杉三平(磯村勇斗)が何やら不穏な空気を醸し出していて、ほのぼのとした雰囲気と合わさってほんのり苦いビターな感じで見ていて今後が楽しみになります。

珈琲いかがでしょうが面白い理由②キャラが面白い

原作と比べてもドラマの配役がそっくりなほか、原作のキャラクターの個性もうまく活かされています。

元々原作でも登場するキャラクターは個性的ですが、原作を読んでいても読んでいなくても、引き込まれる魅力がキャラクターたちを通して伝わってきます。

配役についてもそっくりだと、原作を読んだことのある人でも納得する配役です。

珈琲いかがでしょうが面白い理由③悩みに共感できる

ここまで原作漫画を踏まえた理由でしたが、漫画に比べてより登場人物が色々な表情を見せるようになったのはドラマ化して面白いポイントでしょう。

主人公・青山(中村倫也)の屋台カフェは定期的に場所を変えてお店を開くのですが、その都度悩みを抱えたお客さんがやって来て、こだわりの珈琲を飲んで思わず悩みを吐露するとそれを優しく青山が受け止めてくれます。

出演する俳優さんの演技が上手いこともあって、屋台に訪れたお客さんの悩みについ共感してしまう!という方も少なくないようです。

珈琲いかがでしょう面白い3つの理由まとめ

珈琲いかがでしょうが面白い理由についてまとめました。

これ以外にも面白い理由はあるでしょうが、概ね原作漫画の面白さをうまく取り入れていることと、ドラマ化したことでより感情移入しやすくなってより面白さが増しているのではないかと考えられます。

ぜひ一度、実際に視聴してみてください。

珈琲いかがでしょうを見るならParaviがおすすめ!

今なら2週間お試し無料!

詳細はこちら

スポンサーリンク